キャバ嬢の本音の恋愛事情

水商売の恋愛事情…内緒の恋が多い?!

店内恋愛は罰金が多い?

店長と担当の黒服さんとの恋愛はご法度です。でも、なかにはやはりされてる方はいます。見つかった時点でどちらかがやめらければなりません。

そんなときにその方はきちんと支えていってくれますか?その方と恋愛を続けられますか?

それをきちんと考えたうえで恋愛するなら、恋愛はいつ誰に恋心を抱くかわからないのでいいと思います。

しかし、甘い言葉には注意しましょう。女の子の指名があがれば、スタッフ側の給料ももちろんあがります。なので甘い言葉には注意しましょう。

お客さんとの恋愛

もちろん疑似恋愛を提供するお店です。なかには本気になってしまうお客さんもいてます。

ひどい場合にはストーカー行為にまで発展します。

疑似恋愛の空間ですが、お客さんに対しては平等に接するようにしたらいいと思います。

プレゼントの金額が高くなる、自分の生活をけずってお店にくるようになる場合は注意が必要があります。気をつけましょう。早めに警察に相談することも大切です。

キャバクラとホストの関係

中にはお客さんとしてホストしている方がいらっしゃいます。でも注意してください。お互い店に行ったりしようとか水商売の女の子の寂しさにつけこんでホストにはまらそうとしてきたりと営業でやってくるホストもいます。

水商売をしている限り理由があり、精神的にも肉体的にも疲れていた時に寂しさにつけこまれてしまうとついいってしまいます。

意外とホストにはまってしまう水商売の女の子は多く、やがて働く目的がホストに行くためになってしまいます。

知り合いで、キャバクラで働いていることに過度のストレスを感じ、それを発散させるためにホストクラブに行ってみると、思いのほかハマってしまい、今度はホストクラブに行く金を稼ぐために、さらにキャバクラで働くようになった子がいます。

ストレスを発散させるはずが、逆に寂しさがうまらずストレスを溜め込んでしまい、悪循環であることに気が付いていないのです。そしてそのような女の子は口々に同じことを言います「私は違う。特別扱いされてるから。」と。いえいえ、それも彼らホストクラブの仕事なのです。

まとめ 

このように恋愛事情は様々になります。水商売をしている以上、同じ職業同士の恋愛は注意が必要だということです。そして、水商売をはじめた理由をきちんと貫き通すことです。甘い言葉に惑わされないようにしましょう。