飛田 妖怪通り おすすめ

この日に私が行った飛田の妖怪通り。

画像の説明
提灯に明かりがついている店が営業中です。

どんな妖怪がいるのかと思いきや、全くそんなことはありません。

朝の10時に行った飛田新地の妖怪通りですが
10時から営業していた店は、10件くらいだったでしょうか。(妖怪通りのみ。この日は時間の関係と、前回の苦い思い出があり、青春通りには行かず。)

この妖怪通りの10件くらいの中でも3人くらいは、私が気になった女性がいました。

一人は女優の多岐川裕美さんの若いころのように綺麗な方(最近の若い方は多岐川華さんといったほうがピンとくるかもしれませんね)

もう一人は吉田羊さんをし若くして、
目をもっと優しくして、すこしほんわかしたような雰囲気の方

もう一人は薬師丸ひろ子さんの若いころのような、笑顔がすごく優しそうな方

どの方にしようかと、一巡して戻ってくると、すでに多岐川裕美さん似の方は
どなたかお客さんがついたようで、すでに店先には居ませんでした。

そこで、二番目の吉田羊さん似(Hちゃん)の方の店へ行ったのです。

この姫がホント可愛かったんです。

妖怪通りの姫がホント可愛かったんです。

飛田新地では、お客さんとの交渉は、姫と一緒にいるおばちゃんが行います。このおばちゃん、ちょっと顔に傷があって、「怖い人!!?」と思ったのですが、全然気さくないいおばちゃんでした。

「今日はげんがいいわ。朝一番でお客さんがついてくれると、その日はげんがいいんよ」とえらく喜んでくれました。

小母ちゃん曰く、「20分12000円」とのことでした。

画像の説明

私は前回、値段交渉で姫から冷たい言葉を投げかけられた経験があるので
すんなりと小母ちゃんの言葉を受け止め、「それでいいよ」とこたえました。

おばちゃんは、「じゃあよろしく」と私の肩をたたき、私の耳元で
「お客さんついてるよ、まだ来たばっかりの姫だからいろいろ教えてあげて」
と囁きました。

その姫と一緒に二階へあがって部屋へ入り、部屋の様子をしげしげと眺めていました。前回の青春通りの店よりは、随分と明るくてきれいでした。
画像の説明

しばらくながめていると、後から小母ちゃんも一緒に入ってきました。

前回に行った店では、おばちゃんは入ってこなかったので、私は少し怪訝な顔をしていたと思います。

前回の店では、姫にお金を渡したのですが、この店では小母ちゃんにお金を渡すようです。(後日行ったときは姫に直接渡しました。この日はHちゃんが初めてだったのでおばちゃんも入ってきたようです。)

すると小母ちゃん「こんなかわいい子、30分にしといたほうがよくない?30分だと16000円だけど、どうする」との言いだしたのです。

私は、心の中で「そう来るか」と思ったものの、既に横に姫は座っているし、しげしげ見たらやっぱりすごく綺麗だし、30分16000円の条件を、二つ返事で飲みました。

画像の説明

また行こうと心に決めた姫の可愛らしさ

お金を受け取った小母ちゃんは、「ではお楽しみください」と、部屋から出て行き二人きりになりました。

考えてみると土曜日の朝10時、太陽の朝日が明るく部屋をてらし
なんとなく、いきなり始めるという雰囲気でもありません。

画像の説明

そこでその姫といろいろと話をはじめたのですが、この姫がおっちょこちょいさが可愛くてかわいくて、部屋に暖房が入ってなかったので、「ちょっと寒くない?」というと、はじめて気が付いたようで「すみません、慣れなくて、忘れてました」と言い

テーブルの上に名刺があったので「この名刺は君の」って聞くと、「すみません、私の名刺、下に置きっぱなしでした」と、まるで商売っ気がなく

何か話すと、コロコロと笑い、なんだか、その辺の女子大生のようによく笑う姫でした。

年齢は30歳をちょっと超えたくらいだったかと思います。

お酒でもあればそのまま一緒にお酒を飲んでいても明るい気分にしてくれる姫でした。

とはいいながらも、そうしていても仕方ないので、「ではそろそろ」と我ながら間が抜けた誘いと思いながらも手を引いて布団に入ったところ

姫は一生けん命奉仕をしてくれました。ただ、あまり慣れていないのか、そっちのほうはあまり上手ではなかったです。

なので、私のほうから攻めることにしたのですが、私の愛撫に敏感に反応する姫の可愛さに、私はずっと興奮しつづけ、いろいろな体位でHちゃんを攻め続けました。

Hちゃんは、あまり慣れていなかったのか、それとも本当にHが好きなのか、飛田の青春通りでは聞いたことの無いような声をあげ続けていて、飛田へ行き始めて、最高のセックス体験を、この妖怪通りの「風○○」というお店で、体験することができたのです。

Hちゃんは私のソコを撫でながら称賛してくれました。

ペニスを撫でる
私のペニスを称賛してくれたHちゃん

何度も言っていますが、私はEDです。

ED改善薬を服用しなければ、途中で中折れしてしまって、女性を満足させることができません。そんなことがあって、以前はセックスは全然好きではありませんでした。妻とはセックスレスが何年も続いていました。

ところが、あるきっかけがあり、私はEDを改善することを決意し、ED改善薬を服用することにし、それ以降はアラフィフにして、人生で最高のセックスライフを楽しんでいます。

妖怪通りのHちゃんも、私がED薬を飲んでいるなんて全然知りませんから、

「すご~いです、こんなに攻められたのはじめてです。最近の若い人なんてちょと触れてくれたと思ったらすぐ挿入して自分だけですぐ出しちゃって、全然気持ちよくもなんともないんです。お兄さんはすごいです。」

と、私のそこを撫でながら称賛してくれたのです。

「飛田へ行こう」なんて人は、「EDなんて関係ない」という人が多いかと思います。ですが、ちゃんと飛田の姫を満足させるだけ、勃起を維持できますか?

飛田の姫を満足させようと思えば、早漏では満足させられませんよ。

次の記事⇒セカンドバージンの彼女と濃密不倫ブログ
次の記事はこちら

Hちゃんがいたお店

名称料亭 風和莉
住所557-0001
大阪市西成区山王3-15-20
TEL06-4396-1315

後記:先日言ったらHちゃんは故郷の広島へ帰ったとのことでした。

関連タグ