飛田新地 よくない

私は飛田新地にはまだ二回しか行っていません。

今月、大阪に行く用事があるのでまた行ってこようとは思っているのですが、

今の段階で「飛田新地は良くない」と思っている点が二つあるので紹介しておこうと思います。

それは

良くない点1:演技が白々しい

はじめて青春通りへ行った時の姫は、
あきらかに演技で、感じているフリがあからさま過ぎたのです。

ちょっと触っただけで、感じているふりをしはじめ
「すごい、いい、感じる」と声を出しはじめ
ちょっと挿入しただけで「すごい、イクぅ」と声を出し始めたのには
正直、気持ちが萎えてしまいました。

レビトラの力を持ってしても
勃起を維持するのが相当困難で
私も、「さっさと終わらせよう」と
昔の彼女とのセックスを思い出し
数分で終わらせてしまいました。

この感じるフリというのは
客を悦ばせようとしてやっているのか
早く終わらせたいと思っていやっているのかわかりませんが

飛田新地で私が残念に思ったところです。

二度目に訪れたときの妖怪通りの姫
そこまで過剰な演技ではありませんでしたが
それでもやはり、多少はそのような演技はありました。

ただ、妖怪通りの姫の演技は
控えめな演技で、さほど白々しさはなく
さらに、その声もモロにタイプだったので
そんな演技も気にならず
大変満足することはできましたが。

良くない点2:ベロチューが拒否される場合も

私はベロチューが好きです。
ベロチュー

ですが、青春通りの姫は
青春通りの姫は、それは許してくれませんでした。

これは姫によるようです。

ですが青春通りの姫は30%くらいの確率で
ベロチューを拒否されました・

妖怪通りの姫はそんなことはありません。
しっかりベロチューさせて頂きました。

どうも、青春通りの姫は
お高くとまっているような気がして
今一つでした。

こんなことがあったので
飛田新地の青春通りは
わたしの中では「今一つよくない」と感じています。

最近はまっている飛田よりおすすめな遊び

定期的に合うようになった20歳の愛ちゃんは、最近は声が出るのを抑えるのをやめ、絶叫するようにセックスに感じてくれるようになりました。

20歳の愛ちゃんには刺激が強いかと思いましたが、とっておきの女性器の愛撫もしてあげています。

>>20歳の愛ちゃんをしつように攻める様子の続き
次の記事はこちら