私はEDですがレビトラのおかげでセックスライフを楽しんでいます。

EDとは

EDとは「勃起機能の低下」を意味し、英語で「Erectile Dysfunction」、日本語で「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます

このEDですが心因性のものが多いとされています。

年齢がある程度の年齢になるとEDが進むのも仕方がないと思われそうですが、実は心因性のEDの場合、心理的に「俺はEDじゃないか」という思いが解消したり、自分の悩みが解消されたと同時にEDが改善したと言う場合も多いようです。

ある本で紹介していたところによると、ある70代の男性はクリニックでED治療を受けながら、奥さんとのセックスしていることがなんとなく後ろめたく、治療していることを奥さんに告げようかどうしようか迷っていたそうです。

このクリニックの先生は、この70代の男性に「奥さんと一緒においで下さい。EDの様子について説明します」とアドバイスをしたそうで、このアドバイスに従って意を決して、ED治療していることを奥さんへ話をしたそうです。

そうしたところ、それまでEDについて悩んでいた悩みが消えて、この男性はED治療の手助けをうけなくても、EDが改善され、奥さんとのセックスをすることができたということなのです。

このクリニックの先生は、EDの改善にどのくらい心理的な解決が大切か説明しています。

私の場合のED改善はレビトラ

私の場合のED改善は、レビトラの力をなくしてはありえません。

というのも、このレビトラですが、ほんの少しの刺激(肉体的な刺激だけではなく、妄想も刺激に入る)で、おどろくほどの勃起をするのです。

こちらのページでは私が出会い系で出会った年齢詐称のどうみても60代の女性に、レビトラの効果で激しく勃起する様子を紹介していますが、私がレビトラの恐るべき効果を実感した瞬間

レビトラはこれほどまでの、私のED改善をさせてくれるED改善薬なのです。

このレビトラの勃起力は、私が20代の頃に感じていたような勃起力です。このような勃起力は「レビトラのおかげで勃起できる」などという安心感を与えてくれるものではりません。

今更レビトラなしでセックスをするなんて、今の私には考えられません。ですがそれでいいんです。そんなにいつもいつもセックスがしたいと思う年齢でもないし、その時だけしっかり効力を発揮してくれるという安心感があるから、私は安心してレビトラを使いながらセックスできています。