美樹に翻弄される6か月のはじまりだった│私がED薬レビトラを使い始めた理由

3本目の缶ビールを飲みながら私は美樹の話を聞いていた。

美樹が旦那と別れたのは、
旦那の束縛が耐えられなかったからだと言っていた。

一見華奢で清楚に見える美樹は、実はB型で
束縛されるのが大嫌いなのだというのは意外だった。

3本目のビールを飲み干し、「そろそろ帰るよ」と言うと
美樹は「マッサージしてあげましょうか。私上手なんですよ」と
背中から私の肩をもみ始めた。

「おばあちゃんの肩をもんであげるとすごく喜んでくれるんです。」
そういいながら美樹は私の肩をもんでいた。

しばらく肩をもんでいた美樹の手は次第に二の腕にうつり、
次の瞬間、美樹は背中から私を抱きしめた。

振り返った私に
美樹はのしかかるようにして激しく私の口の中に舌を挿入し、
痛いほどに私の舌を吸い、からませ、

「お願い唾を下さい。唾をたらして」と喘ぎ声を上げた。

上になった私の口からたらされた唾液を
美樹は大きく口をあけて受け止めた。

[サイズ],画像の説明

この日から美樹に翻弄される6か月間が始まった。

コメント

  • とても興味があります

    第5回目まで一気に読ませて頂きました。
    とても興味をそそる内容で、この後どのようになったのか気になります。
    このあとも継続してお話を聞かせて頂けたら有り難いと感じております。
    誠にお手数ですが、掲載して頂くことをお願いさせて頂きます。
    宜しくお願いします。



認証コード6024

コメントは管理者の承認後に表示されます。